シナモンとコレステロール

シナモンとコレステロール

シナモンとコレステロールの関係

シナモンは、コレステロールの数値の改善に効果・効能が期待されています。

 

 

シナモンは、コレステロールにどのように作用するのでしょか?

 

 

コレステロール自体は、胆汁酸や性ホルモン、ビタミンDなど、
生命活動に必要な成分等の原材料になることから、
人間には非常に重要な成分なのです。

 

 

しかし、重要なコレステロールでも体内で過剰になると、
高血圧や肥満、動脈硬化、心臓病、脂質異常症、
糖尿病、脳卒中などの生活習慣病の原因となります。

 

 

シナモンには、このコレステロールを正常化する効果があります。

 

 

コレステロールには、悪玉コレステロール(LDL)と、
善玉コレステロール(HDL)の2種類が存在します。

 

 

悪玉コレステロールはコレステロールを全身に運ぶ働きがあり、
善玉コレステロールは全身に運ばれたコレステロールを回収する働きがあります。

 

 

悪玉コレステロールが多く、善玉コレステロールが少ないと、
全身に運ばれたコレステロールが回収しきれず、血管に沈着してしまいます。

 

 

これが、高血圧や動脈硬化を引き起こす原因となります。

 

 

ちなみに病院から出るコレステロールのお薬は、、
悪玉、善玉コレステロール関わらず両方下げてしまいます。

 

 

その結果、善玉コレステロールが低下することから、
肝臓の機能が低下し、さらにコレステロールの状態は悪化します。

 

 

これでは、悪循環ですね。

 

 

また、コレステロールのお薬を飲み続けると
体内でのコエンザイムQ10の産生ができなくなり、
心臓の機能低下による心臓病になる可能性もあります。

 

 

また、スタチン系のコレステロールのお薬は、
横紋筋融解症という筋肉が溶けてしまう副作用の恐れもあります。

 

 

シナモンとコレステロールの改善

コレステロールの改善を望むなら、
薬に頼るよりもシナモンで改善を目指しましょう。

 

 

シナモンに含まれているプロアントシアニジンには、
総コレステロールや中性脂肪を低下させる効果・効能があります。

 

 

実際、人で行われた実験では、
プロアントシアニジン400mgを2週間摂取させたところ、
総コレステロール、中性脂肪、悪玉コレステロールが低下し、
善玉コレステロールが増加したという結果もでているそうです。

 

 

さらには、2型糖尿病患者さんにシナモンを摂取してもらった臨床試験では、
血糖値の減少だけでなく、悪玉コレステロールと中性脂肪値が減少し、
善玉コレステロールにおいては増加することが確認されました。

 

 

このように、シナモンにはコレステロールの異常を
予防・改善する効果・効能があるので、気になる方は試してみましょう。