シナモンとは

シナモンとは

シナモンとは

 

シナモンとは

シナモンは肉桂・桂皮とも呼ばれ、
漢方に用いられたり、スパイスやお菓子作り、アロマオイルにもよく使われています。

 

 

シナモンはクスノキ科の常緑樹で、幹や枝の樹皮を細長い形状にはぎ取り、
コルク層を除去したものがシナモンとして利用されます。

 

 

シナモンの原産地はインド、マレーシア、
スリランカなどの熱帯各地で幅広く栽培されています。

 

 

シナモンには多くの種類がありますが、
一般的にシナモンといえばとセイロンシナモンのことをいいます。

 

 

しかし、現在では、カシアと呼ばれるベトナム産の種類のシナモンも利用されてます。

 

 

シナモンは独特の芳香が特徴的で、甘みと辛みが混じったような独特の風味を持ちます。

 

 

その風味から、いろんな料理に合うためシナモンはスパイスの王様として有名です。

 

 

シナモンは料理との相性もバッチリ

シナモンは甘いものと相性がよく、スイーツに利用すると、
より一層甘みが強まるという相乗効果があります。

 

 

そのため、アップルパイを始め、ケーキやドーナッツなどに用いると、
さらに美味しさを倍増ることから、スイーツとシナモンは相性がよいのです。

 

 

また、シナモンはフルーツとも相性が良く、
リンゴやピーチ、洋ナシなどのコンポートにもぴったりです。

 

 

さらに、シナモンは紅茶やコーヒーとも相性がよく、
シナモンシュガーを利用して、シナモンの風味をつける方法もあります。

 

 

これらの料理などに利用されるシナモンは、主にセイロンシナモンが利用されます。

 

 

カレーやピラフ、炒めものなどの料理にはカシアシナモンがよく利用されます。

 

 

シナモンと漢方

また、シナモンの歴史は古く、正倉院には乾燥シナモンが保存されており、
すでに奈良時代には日本でもシナモンが使われていました。

 

 

この頃は、スパイスというよりも生薬や漢方という意味合いで使われていました。

 

 

薬用としてのシナモンは、消化促進作用、抗菌作用、発汗作用、
健胃作用、血行を改善して冷え性や肩こりを解消する効果があります。

 

 

最近ではシナモンには、血糖値や中性脂肪、
コレステロール値の安定化など、新たな効果・効能が注目されています。

 

 

また、シナモンの効果・効能には、毛細血管の保護にも役立つ働きがあり、
毛細血管の減少によるしみ、シワ、たるみの解消にも期待されています。