シナモンとダイエット

シナモンとダイエット

シナモンとダイエット

シナモンとダイエット

シナモンダイエットにも効果的な成分です。

 

 

そもそも、肥満は大きく分けると2つのタイプがあり、
脂肪細胞が増えるタイプと脂肪細胞が膨らむタイプです。

 

 

脂肪細胞が増えるタイプは、妊娠末期の3カ月、
乳児期、思春期に脂肪細胞自体が増えやすくなります。

 

 

なお、一度増えてしまった脂肪細胞の数は、一生減ることがありません。

 

 

脂肪細胞が膨らむタイプは、 中に蓄積されている中性脂肪が増えている状態です。

 

 

このタイプは、妊娠、出産、中年期の時期に増えやすくなります。

 

 

シナモンは、脂肪細胞が膨らむタイプの肥満に作用し、
大きくなった脂肪細胞を小さくしてくれる効果があります。

 

 

シナモンとインスリン

また、シナモンには、インスリンの分泌を高める効果があるといわれています。

 

 

そもそも、食べ物を食べて血糖値が上がると、
血糖値を正常化させようとインスリンが分泌され、血糖値が下がります。

 

 

しかし、肥満になるとインスリンの分泌が悪くなり、
血液中の血糖値が下がりにくくなってしまいます。

 

 

すると、血液中の糖分は中性脂肪に変換されやすくなり、
さらに肥満に拍車がかかってきます。

 

 

そこで、ダイエットに役立つのがシナモンなのです。

 

 

シナモンを摂取することで、インスリン様作用が働き、
血糖値の低下や、中性脂肪やコレステロールの低下が期待できます。

 

 

シナモンをダイエットに利用する場合、
シナモンの摂取する時間帯によって効果に違いがあります。

 

 

朝にシナモンを摂取した場合は、
内臓を活発化し、消化力を促進してデトックス効率を高めます。

 

 

また、体温の上昇を助け、消費カロリーをアップします。

 

 

夜にシナモンを摂取した場合は、血糖値の上昇を抑え、脂肪の蓄積も抑えてくれます。

 

 

シナモンを時間帯によって上手に使い分け、うまくダイエットにも利用してみてください。

 

 

シナモンとシンナムアルデヒド

シナモンには「シンナムアルデヒド」という香り成分が含まれております。

 

 

シンナムアルデヒドはファイトケミカルの一種で、
風邪の予防、消化促進、抗菌作用、毛細血管の老化防止など効果があります。

 

 

このシンナムアルデヒドに、上記以外の効果として
ダイエットに役立つ脂肪燃焼効果があると分かりました。

 

 

シンナムアルデヒドは、皮下脂肪細胞に直接作用して、
脂肪が分解が促進させ、脂肪燃焼を効率的にするとされています。

 

 

ただし、2017年時点において、マウス実験の効果のみで、
人体に同じような作用があるかどうかは保障されていません。

 

 

また、この成分は胎児に悪影響を及ぼす可能性があるため、
妊娠している女性の場合は摂取を控えるようにしましょう。