シナモン 血糖値と糖尿病

シナモン 血糖値と糖尿病

シナモン血糖値に作用し、
糖尿病の改善や合併症の予防に効果が期待されています。

 

 

そもそも糖尿病とはなんでしょう。

 

 

炭水化物を摂取すると、胃や十二指腸などで
消化・分解され、腸でブドウ糖が吸収されます。

 

 

そして、血中にブドウ糖が入り込むと
すい臓からインスリンを血液中に放出します。

 

 

それによって、血糖値も下がり、安定した血糖値が維持されます。

 

 

しかし、以下の理由により、
インスリンが正常に機能しなくなると糖尿病の原因となります。

 

 

◆糖尿病の原因
・インスリンが出ない
・インスリン感受性が低い

 

 

インスリンが出ない場合は、すい臓の機能が低下や、
インスリンというホルモンの原材料となる栄養成分の不足です。

 

 

インスリン感受性が低い場合は、
インスリン分泌は十分なのに肝臓や筋肉、脂肪細胞などで
インスリンが正常に働かなくなった状態のことです。

 

 

どちらに原因があっても糖尿病の原因となります。

 

 

糖尿病で怖いのが合併症です。

 

 

腎臓障害での人工透析、視覚障害、白内障、
高血圧、高脂血症・脂質異常症、糖尿病性壊疽など重篤な症状です。

 

 

シナモンには、糖尿病の原因となる血糖値を下げ、
インスリン感受性を良くしてくれる効果があります。

 

 

インスリン感受性とは、ブドウ糖と結びついたインスリンが
各細胞に効率よく運ばれる仕組みのことをいいます。

 

 

血液中のブドウ糖は、インスリンの働きだけでは、
うまく細胞に取り込まれず、血糖値が安定しません。

 

 

インスリンは、血液中のブドウ糖と結びつき
筋肉などの各細胞に栄養を送りますが、
それをうけとる「インスリン受容体」の反応がが重要になってきます。

 

 

つまり、インスリンがしっかり分泌されていても、
インスリン受容体がしっかり働かないと意味がないということです。

 

 

シナモンは、このインスリン感受性を良くしてくれるので、
血糖値が安定しやすく、糖尿病の改善や合併症の予防に役立つのです。

 

 

インスリンの感受性をよくするためには、
1日120 mg〜6 gのシナモンを4〜18週間摂取することで効果が認められます。