シナモンの種類

シナモンの種類

シナモンの種類

シナモンの種類とそれぞれの特徴

スイーツから料理、健康から美容まで、人気のシナモンですが、
全部同じではなく、いくつかの種類があることはご存知でしょうか。

 

 

シナモンといっても、シナモン、桂皮、ニッキと呼び名は様々で、
これらは厳密に言えば、すべて違うものなのです。

 

 

桂皮は、クスノキ科トンキンニッケイの「樹皮」を乾燥したもので、
桂皮は主に、漢方薬(生薬)として用いられます。

 

 

トンキンニッケイとは、中国南部やベトナム北部に分布しています。

 

 

八つ橋に使われる香辛料のニッキはシナニッケイが原料の香辛料で、
シナニッケイの「木の根の皮」を原料にしたものです。

 

 

ちなみにシナニッケイは、日本にも生えていますが、
国産のニッキはなかなか手に入りづらく高級品とされています。

 

 

さて、一般的にシナモンというと、スイーツや料理、
最近では健康食品や美容サプリメントとして人気です。

 

 

このシナモンは、大きく分けてセイロンシナモンとカシアに分類されます。

 

 

これらは同じようで、まったく違う別物です。

 

 

健康食品やサプリメントとして、
毎日摂取できるのはセイロンシナモンのほうに限られます。

 

 

セイロンシナモンとは

セイロンシナモンは、主にスリランカ産のシナモンです。

 

 

セイロンシナモンの作り方の特徴として
樹皮の表側のコルク層を取って乾燥させ、何枚か重ねて丸めます。

 

 

手間がかかっている分、カシアに比べて高級品扱いです。

 

 

セイロンシナモンは、肝臓に負担をかける
クマリンという成分の含有量がカシアに比べて少ないため、
健康や美容のために毎日摂取したい方におすすめです。

 

 

ヨーロッパでシナモンといえば、セイロンシナモンをさします。

 

 

カシアとは

カシアは、主に中国やベトナムが産地となっています。

 

 

カシアの作り方としては、樹皮の表側のコルク層をつけたまま乾燥させます。

 

 

カシアは、セイロンシナモンに比べて、
クマリンという肝臓に負担をかける成分が多く含有されています。

 

 

おもに、料理のスパイスや漢方薬として利用されています。

 

 

日本やアメリカでは、カシアもシナモンとして呼ばれています。

 

 

シナモンとクマリン

シナモンに含まれている成分に、クマリンという天然の香り成分があります。

 

 

クマリン自体には、抗酸化作用や抗菌作用、
抗血液凝集作用など、健康に摂って有用な効果・効能があります。

 

 

しかし、なんらかの理由で過量摂取した場合、
肝毒性や腎毒性の恐れがあるため、気をつけなければなりません。

 

 

セイロンシナモンはクマリン含有量が少ないのに比べ、
中国産カシアはセイロンシナモンの41倍、ベトナム産カシアにいたっては、
セイロンシナモンの385倍もクマリンが含有されています。

 

 

そのため、健康食品として日常的に摂取する方や、
クマリンの含有量が気になる方は、セイロンシナモンを選びましょう。

 

 

そのほうが、気軽にシナモンを摂取しても副作用の心配がありません。