シナモンはシミ・くすみを消す

シナモンとシミ・くすみ対策

シナモンシミくすみの対策にも効果があります。

 

 

シミやくすみは、紫外線やストレスなどの様々な原因で
毛細血管が炎症を起こしたところにできやすいのです。

 

 

毛細血管が健康な状態にある場合は、
紫外線によって発生した活性酸素をメラノサイトが除去します。

 

 

このときにできるのが、色素成分のメラニンです。

 

 

メラニンは新陳代謝でアカとなって排出されたり、
免疫細胞のマクロファージが食べて除去してくれます。

 

 

ところが、毛細血管が弱り、老廃物などの漏れが進行してくると、
マクロファージが漏れた異物や老廃物を除去しようと働きかけます。

 

 

そうして、マクロファージがフル稼働している中、紫外線を浴びると、
活性酸素を除去しようとメラノサイトが活性化してしまい、メラニンが増大。

 

 

その結果、増大したメラニンをマクロファージが処理しきれず、
色素が沈着し、シミ・くすみができるのです。

 

 

そのため、毛細血管の修復・強化が必要になります。

 

 

毛細血管の修復・強化には
Tie2(タイツー)という分子を活性化させる必要があります。

 

 

シナモンの有効成分は、毛細血管の内皮細胞の
Tie2(タイツー)を活性化する、アンジオポエチンと同じ働きをしてくれます。

 

 

つまり、シナモンは損傷した毛細血管の壁細胞に代わって、
内皮細胞のTie2(タイツー)を活性化し、血管の炎症を防ぎます。

 

 

また、シナモンは、炎症後の毛細血管の漏れも修復してくれます。

 

 

そのTie2(タイツー)を活性化の効果は、
シナモンを摂取後、2〜3時間後に発揮されます。

 

 

シナモンを摂取することによって、毛細血管を修復すれば、
メラノサイトやマクロファージも通常の働きに戻れます。

 

 

そうすると、シミ・くすみ予防はもちろんのこと、
できてしまったシミ・くすみも改善してくれます。