シナモンパウダーの賢い選び方

シナモンパウダーの賢い選び方

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

シナモンパウダーの賢い選び方

シナモンパウダーの選び方のポイント

シナモンパウダーの選び方はご存知でしょうか?

 

 

シナモンパウダーなら、何でもよいわけではありません。

 

 

もちろん、価格が安いからとか、有名メーカーだからとかいう選び方は駄目ですよ。

 

 

正しく安全なシナモンパウダーの選び方には、いくつか大事なポイントがあります。

 

 

シナモンパウダーの選び方の大事なポイント

・セイロンシナモンかどうか

 

・シナモンパウダーの安全性

 

・シナモンパウダーの購入方法

 

 

セイロンシナモンかどうか

シナモンには、大きく分けて3種類がありますが、
選ぶべきシナモンパウダーは、セイロンシナモンとなります。

 

シナモンには、主にスリランカ産のセイロンシナモンと
カシアと呼ばれる中国やベトナム産のシナモン、日本産のニッキがあります。

 

なぜ、セイロンシナモンを選ぶ必要があるかというと、
シナモンには、クマリンといわれる成分が含まれており、
このクマリンを過剰摂取すると肝障害を引き起こす可能性があるからです。

 

このクマリンは、摂取するシナモンの種類によって含有量が大きく異なります。

 

セイロンシナモンはクマリン含有量が少ないのに比べ、
中国産カシアはセイロンシナモンの41倍、ベトナム産カシアにいたっては、
セイロンシナモンの385倍もクマリンが含有されています。

 

クマリンの一日摂取量(mg/day) の例をあげると、セイロンシナモンでは 0.0027mg、
カシアでは 0.65mg、特にベトナム産カシアでは 1.09mgほどになります。
(1 日摂取量 0.2g/day を基に試算)

 

シナモンに換算すると一日許容量(g/day) は、セイロンシナモンでは 364.58gまで、
カシアでは1.53gまで、ベトナム産カシアでは0.92gまでになります。
(成人で体重 50kgのクマリン耐容一日摂取量 5.0mg/day を基に試算 )

 

せっかく健康のためにシナモンを摂取するのに、
逆に病気になってしまっては、まったく意味がありませんね。

 

そのため、クマリンの含有量がすくない、セイロンシナモンを選びましょう。

 

ちなみに、シナモンの使い方によっても、選び方は違います。

 

主に料理にシナモンを使用するのであればカシアでもOKです。

 

ただし、健康食品として使用するのであれば、
毎日摂取する必要があるため、必ずセイロンシナモンを選びましょう。

 

 

シナモンパウダーの安全性

シナモンパウダーは、食品なので安全性が重要です。

 

シナモンパウダーを選ぶ場合、有機JAS認定マークのシナモンパウダーを選びましょう。

 

有機JAS認定マークは、農林水産大臣が定めた品質基準や
表示基準に合格した農林物資の製品につけられる認定マークです。

 

「有機野菜」「有機○○」「有機栽培」「有機農産物」
「オーガニック」と、表示してもいいのは、有機JAS認定のものだけ。

 

「有機○○」「オーガニック」等と表示するためには、以下の条件が必要です。

 

・2年以上前から畑の土に禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと

 

・栽培中も禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと

 

・畑や施設、用具などに農薬や化学肥料の飛散、混入がないこと

 

・肥料や農薬は天然物質、または化学的処理を行っていない天然由来もののみ

 

・病害虫に対して農薬に頼らないこと

 

・遺伝子組換えの種を使わないこと

 

できるだけ体にとって、安全で良いシナモンパウダーを選ぶには、
有機JAS認定マークのシナモンパウダーを選ぶようにしましょう。

 

 

シナモンパウダーの購入

シナモンパウダーの購入には、店頭やネット通販が主流です。

 

どこで購入してもかまいませんが、
せっかシナモンパウダーを摂取しようと思うなら、
できるだけコストのかからないようにしたいですね。

 

また、シナモンパウダーはセイロンシナモンとカシアでは、
まったくといっていいほど価格が違います。

 

平均すると、セイロンシナモンのほうが、
カシアに比べると2〜5倍ほど価格が高いようです。

 

安いからといって、細かく表示を見ないで購入すると、
ほぼカシアのシナモンパウダーを買ってしまいます。

 

私自身が初めて購入したときがそうでした。

 

お、安いってポチッたら、カシアのシナモンパウダーでした。

 

しかも、有機JAS認定マークの無いやつでした。

 

もったいないから、一応飲みましたが・・・。

 

こうならないためにも、以下のポイントに気をつけて
自分自身にとって最良のシナモンパウダーを購入しましょう。

 

・セイロンシナモンか、カシアか?

 

・有機JAS認定マークがあるか?

 

・グラムあたりの単価は?

 

ちなみに、私の使っているシナモンパウダーは、
セイロンシナモンで、500g2000〜3000円ほどのシナモンです。

 

もちろん、有機JAS認定マークがあるシナモンパウダーです。

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

シナモンパウダーの賢い選び方関連記事

今人気のシナモンとは
様々な効果や効能がある、今人気のシナモンとは、どのような成分なのでしょうか
シナモンの副作用に注意
シナモンの副作用は、摂取するシナモンの種類や、摂取量によって起こりやすいとされています。
シナモンのすごい効果・効能が大注目
シナモンには、すごい効果・効能が大注目されています。特にシナモンは、毛細血管に強く作用するため、健康から美容まで、驚くほどの効果・効能があります。
シナモンの正しい摂取方法
効果的なシナモンの摂取方法と、摂取するときに気をつけるべきポイントはあるのでしょうか?
シナモンの摂取量
シナモンの1日あたりの摂取量と、1回に摂取するべきシナモンの摂取量はどれくらいなのでしょうか?
シナモンと相乗効果のある健康成分
シナモンと相乗効果のある健康成分の組み合わせで、さらに効果的に摂取するための、シナモンの摂取方法をみてみましょう。
シナモンの種類はどれくらいある?
シナモンには、様々な種類のシナモンがあります。シナモンといっても、シナモン、桂皮、ニッキと呼び名は様々で、これらは厳密に言えば、すべて違うものなのです
シナモンのすごい栄養成分
シナモンの栄養成分は、生薬や漢方、料理に利用されるほど、健康効果がすごいのです。どのような栄養成分がシナモンに含まれるかみてみましょう。
シナモンとはちみつは最高の組み合わせ
シナモンははちみつと組み合わせると、様々な効果・効能が期待されています。シナモンとはちみつが、どのようにして、健康に作用するのでしょうか。
シナモンとコーヒーは最高の組み合わせ
シナモンとコーヒーの組み合わせであるシナモンコーヒーは、最高の組み合わせ。シナモンコーヒーは、美味しいだけでなく、様々な効果・効能があります。
シナモンは肝臓に悪いのか?
シナモンは、肝臓にどのような影響を与えるのでしょうか。シナモンには、様々な健康効果がありますが、過剰摂取した場合に、肝臓に悪影響を与える可能性があるそうです。
シナモンの疑問Q&A
シナモンについての疑問をQ&A形式で解決してみましょう。