シナモンで認知症の予防

シナモンで認知症の予防

シナモンで認知症の予防

シナモンと認知症

シナモン認知症の予防に効果が期待されています。

 

 

認知症は、病気によって起こる症状や状態の総称で、
老化によるもの忘れと混同しがちですが、まったくの別物です。

 

 

年齢とともに、もの覚えがわるくなったり、
人の名前が思い出せなくなったりする「もの忘れ」は脳の老化によるものです。

 

 

しかし、認知症は、何かの病気や薬の副作用の影響によって
脳の神経細胞が壊れるために起こる症状や状態をいいます。

 

 

一口に認知症といっても、実はいくつかの種類があります。

 

 

認知症の種類

・アルツハイマー型認知症

 

・脳疾患型認知症

 

・レビー小体型認知症

 

・前頭側頭型認知症

 

このうち、全体の認知症患者の約80%を占めるのが、
アルツハイマー型認知症と脳疾患型認知症です。

 

約60%はアルツハイマー型認知症で、
約20%は脳血管型認知症によるものとされています。

 

一般的に認知症というと、アルツハイマー型認知症が有名ですが、
それぞれ症状や進行速度のにも違いがあります。

 

認知症の症状は、記憶障害を中心とした「中核症状」と、
性格や環境の変化などが要因となる「周辺症状」があります。

 

中核症状と

中核症状とは、脳の神経細胞の破壊によって起こる症状で、
一般的な症状は記憶障害が起こるようになります。

 

数時間〜数分前に起きたことも忘れるような症状が特徴ですが、
一方では、過去の記憶は鮮明に覚えています。

 

しかし、症状の進行とともに、過去の記憶も失われていきます。

 

その他、判断力の低下、時間や場所、
名前などが分からなくなる見当識障害などがあります。

 

周辺症状

周辺症状は、妄想や幻覚を見たり、暴力、徘徊といった精神症状が現れます。

 

また同時に、うつ傾向や不安感、無気力といった感情障害が起こります。

 

周辺症状は性格や育った環境、
人間関係などが関係するため症状は人それぞれです。

 

 

アルツハイマー型認知症とは

新しいことが記憶できない、思い出せない、
時間や場所がわからなくなるなどが特徴的で、
日常生活でできたことが少しずつできなくなっていきます。

 

また、物盗られ妄想や徘徊などの症状もでてきます。

 

原因としては、アミロイドβなどの異常なたんぱく質が
脳にたまって排出されないことにより神経細胞が死んでしまい、
記憶を司っている海馬という部分から萎縮が始まります。

 

 

脳疾患型認知症とは

脳梗塞や脳出血、薬剤の副作用による
脳血管へのダメージなどによって発症する認知症です。

 

物忘れなどの記憶障害、運動麻痺、知覚麻痺、
言語障害、手足の麻痺などの神経症状も起きることもあります。

 

原因は、高血圧やコレステロールなどの血管疾患による
「脳梗塞」や「脳出血」などにより脳血管に障害が起きると、
その周りの神経細胞がダメージを受けることです。

 

また、安定剤や睡眠剤などの副作用による血管障害も原因となります。

 

 

シナモンで認知症の予防対策

認知症の予防で基本的に大事なのは「脳血管」です。

 

 

脳血管が狭窄したり、動脈硬化を起こしたり、
脳卒中などを発症こしてまうと、脳血管が悪くなり、
脳にとって重要な酸素や栄養素が脳に届かなくなります。

 

 

それが、脳自体の萎縮の原因になったり、
アルツハイマーの原因物質であるアミロイドβなどの
異常なたんぱく質の脳からの排出ができなくなったりします。

 

 

そのため、アルツハイマー型認知症や、
脳疾患型認知症の予防には、脳血管が丈夫でなければいけません。

 

 

脳には、非常に多くの毛細血管が存在しており、
この毛細血管を守ることこそが、認知症の予防に繋がります。

 

 

シナモンには、Tie2(タイツー)という毛細血管を守ってくれる成分が含まれています。

 

 

シナモンに含まれるTie2(タイツー)は、
何らかの原因で炎症を起こした毛細血管の修復してくれるのです。

 

 

この、毛細血管に炎症を起こす原因は、
高血圧やコレステロール、高血糖などによる血管へのダメージ、
安定剤や睡眠剤といった科学薬剤の副作用による影響などです。

 

 

非常にもろく繊細なので、毛細血管に炎症が起こると、
毛細血管は減少してしまい、元に戻ることはありません。

 

 

シナモンは様々な原因で起こる毛細血管の減少を防いでくれるのです。

 

 

ちなみに、現在の病院の処方箋としては、
アルツハイマー型の認知症の薬はありますが、
脳疾患型認知症に関しての薬は無いとされています。

 

 

しかも、アルツハイマー型の認知症の薬は、
認知症の進行を止めることも、治すこともできないとされています。

 

 

つまり、認知症になってしまうと治らないのが現実です。

 

 

そのため、認知症は発症してから対策をするのではなく、
あらかじめの予防が大事なのです。

 

 

認知症の予防の一つとして、シナモンが良いとされています。

 

 

ちなみに、違う観点からいえば、
シナモンは、細胞の寿命にかかわるテロメアを活性化してくれます。

 

 

人間の体の細胞を構成している染色体の両端には、
テロメアという部分があり、これが細胞分裂に深く関わっています。

 

 

この細胞のテロメアが短くなってくると、認知症の原因になるともいわれています

 

 

とある研究で、脳の萎縮とテロメアとの関係をを分析したところ、
テロメアが短くなった人ほど、脳が萎縮が顕著に現れていたそうです。

 

 

特に、記憶をつかさどる海馬の萎縮が顕著でした。

 

 

海馬の萎縮は、認知症の中でも
特にアルツハイマー型認知症が発症する原因といわれています。

 

 

つまり、シナモンはアルツハイマー型認知症と
脳疾患型認知症の予防に効果が期待できる食品なのです。

シナモンで認知症の予防関連記事

シナモンと毛細血管
シナモンには、毛細血管を修復し、毛細血管の減少を抑える効果があります。毛細血管を修復すると、シミやシワ、たるみ、ハゲ、薄毛、抜け毛の予防や改善に効果があります。
シナモンと毛細血管の健康チェック
シナモンが必要かどうか、毛細血管の健康チェックをして見ましょう。もし毛細血管チェックで該当部分が多ければ、シナモンを利用してみましょう。
シナモンでゴースト血管を改善
シナモンは、ゴースト血管の予防や改善に効果・効能があります。では、シナモンはどのようにして、ゴースト血管に作用するのでしょうか。まず、ゴースト血管とはどのような状のことをいうのでしょうか。
シナモンでがんを予防
シナモンはがんの予防に効果・効能が期待されています。シナモンがどのようにして、がんに作用するのでしょうか。
シナモンでコレステロールを予防、改善
シナモンはコレステロールの異常の予防や改善に効果・効能が期待されています。現代病の代表であるコレステロールの異常を、シナモンで予防、改善しましょう。
シナモンで血糖値と糖尿病を予防
シナモンは、血糖値を安定させ、糖尿病の予防や改善させる効果が期待されています。どれくらいシナモンを摂取すればよいのでしょうか。
シナモンで高血圧を予防、改善
シナモンは高血圧の予防や改善に効果が期待されています。現代病の代表である高血圧を、シナモンで予防、改善しましょう。
シナモンで冷え性を予防、改善
シナモンは、冷え性の予防や改善に効果が期待されている成分です。何をやっても改善しない冷え性にはシナモンを利用してみましょう。
シナモンで細胞寿命を延ばそう
シナモンは、毛細血管の健康だけでなく、細胞寿命をのばし、長生きできる可能性がある成分としても注目されています。
シナモンはダイエットに効果的
シナモンはダイエットに最適な成分だって知っていましたか?今までダイエットに失敗した方は、シナモンを使ってみてはいかがでしょうか。