シナモンの正しい摂取方法

シナモンの正しい摂取方法

シナモンの正しい摂取方法

シナモンの摂取方法

シナモン摂取方法をQ&Aで学びましょう!

 

 

Q シナモンを摂取する時間帯はいつがいい?

シナモンを摂取する時間帯は、基本的にはいつでもOKです。

 

ちなみに、シナモンの摂取のお勧めの時間帯は夜がいいとされています。

 

肌の修復、若返りに良いとされる成長ホルモンは
主に就寝中に分泌されるため、就寝前に摂取しましょう。

 

人は、就寝中に体の調整や修復、回復を行うため、
就寝前に毛細血管の修復をしてくれるシナモンを摂ると
結果として、お肌の健康に効果的だといえます。

 

また、シナモンにはリラックス効果がありますので、さらなる安眠効果も期待できます。

 

ちなみに、私自身の摂取方法としては、
1日あたり2gを目安にして、それを朝・昼・夜の3回に分けて摂取しています。

 

理由としては、複数回に分けたほうが、
一日を通して、常に体内に成分を留めて置くことができるからです。

 

また、一回あたりの摂取量を抑えることで、過剰摂取の予防にもなるからです。

 

 

Q シナモンは毎日摂取したほうがいいの?

基本的には毎日の摂取が効果的ですが、
難しい場合は毎日摂らなくでも大丈夫です。

 

シナモンに含まれる成分には、毛細血管の外壁と、
内壁を接着する分子と似たような働きをしてくれます。

 

たとえば、毛細血管の外壁と内壁を接着する分子が不足していると、
2〜3日で外壁と内壁が離れてしまいます。

 

そのため、毛細血管を守る目的であるならば
最低でもシナモンを2〜3日おきに摂取すれば大丈夫です。

 

つまりは、お肌の健康や美容効果、
ハゲ、薄毛、抜け毛の予防や改善には毛細血管が関係しているので、
シナモンの摂取は毎日でなくても、2〜3日おきでもよいということになります。

 

目的が糖尿病の予防や改善であるならば、
インスリンの感受性を高めるために、毎日の摂取をおすすめします。

 

ちなみに、私の場合、見た目のお肌の衰えや
ハゲ、薄毛、抜け毛の予防が第一の目的ですが、
念のため、シナモンは毎日の摂取を心がけております。

 

ただし、毎日摂取の場合は、過剰摂取をしない為にも、
1日あたりのシナモンの摂取量はきちんと守りましょう。

 

 

Q シナモンを摂取するとき過熱しても大丈夫?

加熱しても、シナモンの成分に変質は無いため、シナモンの効果は変わりません。

 

そのため、冷たい料理から暖かい料理まで、
幅広く利用できるので、好きな料理に加えてみましょう。

 

コーヒーや紅茶にサッと入れても大丈夫ですし、
アイスにサッとかけても美味しく頂けます。

 

私自身は、コーヒーに入れるのはもちろんですが、
プロテインも摂取しますので、プロテインに混ぜて飲んでいます。

 

ちなみに、シナモンは苦手だけど
どうしても摂取してみたいという場合は、サプリメントがいいでしょう。

 

最近は、以前に比べて、品質のよいサプリメントも販売されています。

 

ただ、やはりシナモンの成分を丸ごと取り入れたい場合は、
シナモンパウダーでの摂取のほうが含有成分を効率的に摂取できます。

 

 

Q シナモンと一緒に摂ってはいけないものは?

シナモンはどんな食べ物と組み合わせてもOKです。

 

どんな食品とも組み合わせても、シナモンの有効成分が阻害されことはありません。

 

もちろん、熱い物、冷たいもの、コーヒーや紅茶にまぜてもOKです。

 

私の場合は、サプリメントオタクなので、
プロテイン、カルニチン、イヌリン(食物繊維)、ビタミン・ミネラル剤、
オルニチン、カルシウム、DHA・EPA、霊芝と一緒に摂取しています。

 

その生活を10年くらい続けていますが、なんの問題もありません。

 

シナモンの正しい摂取方法関連記事

今人気のシナモンとは
様々な効果や効能がある、今人気のシナモンとは、どのような成分なのでしょうか
シナモンの副作用に注意
シナモンの副作用は、摂取するシナモンの種類や、摂取量によって起こりやすいとされています。
シナモンの効果・効能がすごい
シナモンのすごい効果・効能は、健康から美容まで、驚くほどたんさんあります。
シナモンの摂取量
シナモンの摂取量と、1回に摂取するべきシナモンの摂取量はどれくらいなのでしょうか?
シナモンの効果的な摂取方法
シナモンをさらに効果的に摂取するための、シナモンの摂取方法をみてみましょう。色々な成分との相乗効果で、シナモンの効果をさらに高めましょう。
シナモンパウダーの賢い選び方
シナモンパウダーの賢い選び方には、大切なポイントがあります。安全で良質なシナモンパウダーを選ぶようにしましょう。
シナモンの種類はどれくらいある?
シナモンには、様々な種類のシナモンがあります。シナモンといっても、シナモン、桂皮、ニッキと呼び名は様々で、これらは厳密に言えば、すべて違うものなのです
シナモンのすごい栄養成分
シナモンの栄養成分は、生薬や漢方、料理に利用されるほど、健康効果がすごいのです。どのような栄養成分がシナモンに含まれるかみてみましょう。
シナモンとはちみつは最高の組み合わせ
シナモンははちみつと組み合わせると、様々な効果・効能が期待されています。シナモンとはちみつが、どのようにして、健康に作用するのでしょうか。
シナモンは肝臓に悪いのか?
シナモンは、肝臓にどのような影響を与えるのでしょうか。シナモンには、様々な健康効果がありますが、過剰摂取した場合に、肝臓に悪影響を与える可能性があるそうです。
シナモンの疑問Q&A
シナモンについての疑問をQ&A形式で解決してみましょう。